筑波大学受験

筑波大学受験

高校3年生の時、現役で筑波大学を受験しました。

自分でいうのも変ですが、高校3年生の時はまったく受験勉強をしていなかったので推薦で筑波へ行こうと担任の先生に頼みました。確か推薦基準というものがあったと思うのですが、評定平均はなんとかその基準を超えていたのでしょう。推薦してもらえることになりました。しかし結果は不合格でした。競争率がどれくらいかは不明です。

仕方がないので本試験を受けることにしました。当時はまだセンター試験も共通一次もない時代でしたから、3月初めの国立一期校の試験です。受験会場は筑波大学ではなくて、その前身であった東京教育大学でした。そもそも私は教師になろうと思っていたので教育大学の流れをくむ筑波を受験しようと思ったのです。

試験はかなり難しかったです。私は文系なのですが理科では物理を選択していました。その物理のテストには全く歯が立ちませんでした。その時点で【これは落ちたな】と分かりました。実際不合格でした。合格発表は見に行きましたが、寂しく帰ってきたことを覚えています。これが一次試験だったため、結局二次試験も受けることはできませんでした。

これが私の現役時代の大学受験のすべてです。当時の心境は今から考えてもよくわからないのですが、私大は一切受けずに筑波を受けただけです。筑波への合格可能性はとても低かったのにどうして私大を受けなかったのか、今でも謎です。決して見栄を張っていたわけではないのですが。

結局一浪して私大に入ることになりましたが、卒業後はかねてから願っていた高校の教師になることが出来ました。

こちら

二教科のみで真剣勝負だった大学受験

私は英文科の大学を卒業しています。

第一志望の大学が不合格だったので、合格した第二志望の大学に通いました。

第一志望の大学は受験教科が3教科で、英語・国語の他に選択性で日本史・世界史・数学がありました。

ところが合格した第二志望の大学は英語と国語の二教科しかなく、それだけで合否が分かれてしまうという

かなりスリルのある受験となりました。

どちらの大学にも共通している科目をまず重点的に勉強したのですが、英文科を受験する以上、

私も英語は得意だし、当然他の人も得意なので大差はないだろうと思っていました。

そこで差が付くとすれば国語だろうと思い、新聞の社説を声に出して読むことをしました。

声に出して読むことで、漢字も目にとまりますので覚えることができたからです。

私は長文読解は昔から得意でしたので、現代国語に関してはその程度でした。

その代わりに、古文については古語の意味を徹底的に暗記しました。

高校の古文の教師がかなりマニアックな人で、授業中すぐに蘊蓄を傾けるタイプでしたが、

その時の些細な説明もノートに書きとめて置きました。

古文に関しては、授業のノートをいかにマメにとるか、それを復習するかに尽きます。

こちら



世界史は高校で一年間しか授業がなかったのですが、ドラマチックで好きだったので

選びました。

参考書は第一志望の大学の名誉教授が編集したというものを購入しました。

内容がじつに細かく、流石に覚えきれませんでした。

あとから受験問題で分からなかった箇所を調べてみたら、欄外の小さな文字で注釈として

解説されていた内容でした。

歴史に関しては、重箱の隅をつつくようにひたすら暗記した方が良いですね。

間際に勉強したことが、試験に出た

私がある私立大学の入試を受けたときのことです。その大学は私の第一希望だったこともあり、かなり気合いを入れて受験勉強をやっていました。

しかし受験会場に向かっている最中に過去問を見ていたら、「地理」の問題であまり記憶できていない部分が見つかりました。自分では地理は完璧にやったつもりだったんですが、どうしよう!と大変焦りました。

たまたまその時は時間に余裕を持って受験会場に向かっていたので、会場近くの喫茶店に入ってその部分の知識をたたき込みました。

そして集合時間の数分前に会場に入りました。その大学は1時間目が社会だったので、大変緊張して試験開始を待ちました。

試験が始まり問題を見てみると、なんと間際に勉強していた部分が出題されていたんです。自分はなんと運がいいんだ!とうれしくなりました。

こちら

これで調子が付いたのか、その後の英語・国語も順調に進みました。試験が終わって「ああ、これは受かったな!」と確信しました。

それでも合格発表の日は緊張しましたが、見事合格していました。私はその大学に入学して4年間の学生生活を送りました。

でもあのとき電車のなかで、過去問を見ていなかったら記憶できていなかった部分に気づかなかったはずですし、合格していたかも分かりません。そう考えると少し怖くなってきます。特に社会は記憶しているかどうかなので、最後まで諦めず少しでも記憶することが重要なんだなあ、ということを学びました。

商業科出身の私の大学受験

私は北海道の田舎の出身です。

高校は地元の公立高校を卒業しました。

中学1年生の時に、たまたまテレビで観た競馬中継で衝撃を受けて、「競馬のジョッキーになりたい!」と思って過ごしていました。

中学校を卒業する時に両親に頭を下げてお願いをしましたが、当時は今と違って世間の評判も競馬イコールギャンブルというイメージが強くて、私の思いは叶いませんでした。

もともと高校へ行く気持ちはなかったので、馬の勉強は積極的にしていましたが、学生である基本的な勉強は全くといってよいくらいしませんでした。

元来勉強は好きな方ではなかったので、ジョッキーになりたい夢がなくてもしていなかったと思います。

当時は高校受験は5科目500点満点だったと思いますが、私は200点を取るのが精いっぱいの学力でしたので、地元の高校へは合格が出来てもギリギリだろうと思っていました。

こちら



そんな事もあり、普通科よりも少し基準が低い商業科を受験して何とか合格することができました。

3年間の高校生活はとても楽しかったのですが、何せ「競馬のジョッキーになりたい」という人生目標を無くしてしまっていたので、高校を卒業した後の青写真が全く見えていませんでした。

父親からは、どこかの大学にでも行けるのであれば受験をしてみるように言われました。

私は、高校へもようやく入って、特に勉強はしていなかったので成績も学年でも下の方だったと思います。

まして商業科となると普通科の人とは学習をしてきた学科も内容も違うので、大学受験など考えた事がありませんでした。

2校の大学を受験しましたが、どちらもほとんど出来ていない感触がありました。

1校は予想通り落ちました。

もう1校は合格が出来ましたが、おそらく試験問題はほとんど出来ていなかったと思います。

ほとんどの受験生が合格したのではないかと思います。

世間でいう3流大学でしたが、大学へも行かせてもらいました。

ただ在学中の間は、頭の隅のどこかに「こんなレベルの低い大学生でいいのかな?」という後ろめたさを常に感じていました。

私の大学受験の思い出は、人生に前向きになれない頃に自分に対しての自信の無さが最高潮だった時代でした。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>