大学入試の偏差値判断はあくまで、物差しにとどめるべき

大学入試の偏差値判断はあくまで、物差しにとどめるべき

大学の偏差値の基準は、謎が多いです。

そもそも、大学という最高学府の性格を考えますと、ほぼ偏差値というのは、意味がないような気もします。

要は、大学入試にしろ、その目安となる偏差値にしろ、実際にその大学、学部に入って、有効な勉強が出来る人間を選ぶためのものなので、単純に受験教育のスキルが高い、ということだけで、合否判定をするのは、大学として、満足のいく学生が取れているのか、どうかは、若干の疑問です。

そもそも、大学が、それまでの学校と決定的に違うのは、受け身ではなく、自分から学び取る姿勢で、学問を身に着けるという点だと思います。

それについて、受け身の究極の結果である偏差値で、ジャッジをするのは、ちょっとおかしいような気もします。

どれだけ偏差値が高くとも、大学での学習意欲、自主的に学び取る力が無ければ、教える方も、教わる方も、大学での勉強に意味はないと思います。

しかし、最低限の目安として、高校までの教育がどのレベルにあるのか、という、ものさしには、もちろんなるとは、思います。

あまりに、出来ない数学の偏差値で、数学科に来られても、大学側としても、困ると思われますし。

よって、大学入試における偏差値はあくまで参考程度に、とどめる方が、人生の役に立たない受験教育からの脱却が図れますし、入ってから、大学で、きちんと勉強をする学生を高校から、育てれば、大学で有益な勉強が出来ますし、何より前向きな取り組みという姿勢は、社会に出てから、1番必要だと思います。

こちら



偏差値重視の大学入試の流れを、もっと実用的な方向に変える必要はあると思います。

私は独学で合格を勝ち取りました

私は現役で関西の有名私立に合格しました。

当初は関西の国立に生きたかったのですが、高校3年生の時にそれは諦めて、私立一本に目標を定めました。

学校では、高校2年生の時の成績により、高校3年生は国公立選抜クラスに入れられたのですが、

私自身は、高校3年生の早い段階で、志望校を国公立ではなく、私立にシフトしました。

自分の志望校を私立に変更したとはいえ、学校の授業は国公立志望者向けの内容です。

その辺が私にとっては、大きなストレスでした。私立志望者には不要な授業まで受けなければならないからです。

いけないとは思いつつ、そういった授業の最中は、いわゆる内職をしながら過ごしました。

私は基本的には独学が好きで、予備校には通いませんでした。

もしかしたら、予備校に通っていたほうが効率よく受験勉強が進められたのかもしれませんが、

納得して受験勉強を進めたかったことと、合格までのスケジューリングが楽しかったので、独学で受験に臨みました。

こちら



人が作ったスケジュールにより勉強を進めていくよりも、自分が工夫して考えたスケジュールにより、

勉強を進めるほうが、合格のイメージがどんどん湧いてきますし、納得しながら楽しく勉強ができるからです。

とは言え、独学ですと、黙々と自分との戦いになり、息が詰まることもあるかと思います。

そういったときは、図書館やカフェなどで息抜きしながら勉強することにしました。

カフェなんかですと気が散るんじゃないかと思われがちですが、結構勉強している人が多くて刺激になります。

成績がなかなか上がらずに苦しい時もありましたが、私なりに色々考えながら独学で合格を勝ち取りました。

大学受験の勉強法

ある程度教科書の内容を理解しているというのを前提として話をすると、とにかく問題を解いて、わからないところを復習するというのが一番効率が良いと思います。

そのために私が使っていたのが、「赤本」という過去問集です。

ただ、センター試験の場合は、赤本中心の勉強よりは、それぞれの科目の問題集を使って演習し、自分の実力を試すために赤本で問題を解いてみる、という方が良いかもしれません。国語や地歴公民は赤本を使っての勉強でいいと思いますが、他の科目はなにかしらの問題集を使うべきだと思います。

こちら



具体的に例を上げれば、数学の問題集としては「チャート」がオススメです。レベルに合わせて4冊出ているので、自分のレベルに合ったものを一冊は所有しておくべきだと思います。

理科科目については、好みの問題だと思うのですが、私は「センサー」という問題集を使っていました。解答と問題が別冊になっているので、詳しく解説されていてわかりやすかったです。

最初の話に戻るのですが、二次対策としてはやはり赤本が良いと思います。やはり自分の目指す大学の傾向を知るために、過去問題をといて予め研究しておくということが必要になってくると思います。

あとは、模試を受けた後にそのままにしておかないで、解けなかったところをきちんと復習しておくということはとても大切だと思います。解説を読んでもわからなければ、誰かに聞いて必ずわかるようにして、どんどん自分の弱点をつぶしていくといいとおもいます。

神様は一番良い結果をもたらす

現役受験生として入試を控えた冬の日に、私は学問の神で有名なとある神社にお参りに行きました。勉強はいっぱいしましたし、過去問だって何度となく解きました。

ところが、結果は惨憺たるものでした。滑り止めで受験したはずの大学にすら引っかからず、就職も考えていなかったので、私は一年の浪人生活を送ることになります。

翌年、学問の神だと言っておいてご利益なんぞなかったじゃないかと私は少しひねくれて、初詣にも何にも行かずに入試に臨みました。

こちら

それにも関わらず、その年は無事に第一志望に合格し、大学生活をスタートすることになったのです。

このことを、神頼みなんて無意味なものだと片付けることは容易いでしょう。私自身も、何年もの間そのように考えていました。なんとも不信心極まりないことです。

しかしこの文章を書いている今になって思い返してみると、あの結果は出るべくして出たのだなとも思えてきます。

現役受験生のときの勉強は、時間で数えればたしかに長いことしていましたが、勉強に向けるやる気や集中度合いといった見方をすれば、翌年に比べれば随分と薄い時間に過ぎないものでした。

浪人生として勉強を続ける日々の中、ここには書くことのできないとある大きな事件が起こりました。その日から、私は大学そのものを目標とするのでなく、その後も見据えた大きな目標を持つようになりました。同時に、勉強に対する姿勢も変わり、自分に欠けているものを考えて集中して学ぶようにもなったのです。

もしも現役受験生のときに不合格となっていなければ、この転換は起こりえなかったでしょう。もしも大学を目標として、合格してしまい、それから道に迷うことになっていたとしたら?考えるだに恐ろしいことです。

さすがは学問の神様というわけです。大学受験という人生の一地点だけでなく、もっと長い目で見てもっとも良い結果をもたらしてくれたのですから。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>