大学受験わたしの体験談

大学受験わたしの体験談

大学受験したのは数年前ですが、現在第一志望の大学に通っています。

まず大学受験生のとき、一番やってよかったと思うのは各種模擬試験の受験です。

自分の高校や予備校でセンター試験模試や私大模試を中心に月3回ほど受けていました。

結構お金もかかりますが、試験の緊張感と実践的な問題になれることが出来たのが良かったと思っています。

模擬試験が終わって、解説もらったら、かならず学校に残って採点し、分からなかった問題をチェックしていました。

模擬試験の解説はとても詳しく書かれているのでとても良いと思います。

間違えた問題はノートを作って、詳しく書き写していました。

あとは楽しんで勉強するように心がけていました。

古典なら、源氏物語などのマンガを読んで興味を持つようにしたり

地理なら、図書館で勉強中の時間の空いている時に国外国内のガイドブックをぱらぱら読んで

楽しみながら各地の産業や農業の特徴を覚えるようにしました。

英語のリスニング強化のために、海外ドラマを字幕なしで見るようにしたのも良かったと思っています。

また実際の受験の際には、東京の大学を受けるためホテルに泊まりました。

2学部受験するため、3泊しました。

ホテルを選ぶこつは自習室がある、蛍光灯の貸し出しがあるなど

受験生のためのプランを設定しているところがいいと思います。

こちら



わたしはJRの新幹線とセットのプランを使いました。

ホテルと交通機関を別々に予約するより安くなってよかったですよ。

ホテルの人も受験生の対応になれていて、安心できました。

3カ月間のすごい集中受験

大学の附属校にいた私は、高校三年生の夏休みまで部活にいそしんでいました。

附属校なので、のんびりかまえており、特別大学について考えてもいませんでした。

ところが、夏が終わり秋の気配を感じると、自分の将来について考える余裕が出てきました。

部活も終わり時間的な余裕もできたことから、他大学の受験に挑戦しようと思ったのです。

これまで、進学塾には通っていましたが、通うだけであまり身を入れて勉強はしていませんでした。

しかし、夏休みの終わりから、受験モードに切り替え、毎日すくなくとも12時間は受験勉強に当てていました。

附属の大学は、内部推薦をけっても願書などで内部性に配慮をしてくれるところだったことと、スカラシップ制の試験を設けている大学を滑り止めに持てたことで、12月〜1月の間に心を落ち着かせることができました。

スタートが遅い分、常にあせりはあり、志望校も絞るというよりは片っ端から受けるようなスタイルで受験に臨むことになりました。

今思えば、もう少し学校見学などをし、受験する学校の系統を揃えておけば、入学手続きまぎわにあせる事もなかっただろうと後悔しています。

こちら



選択科目は、世界史をとり、英語は若干苦手意識がありました。

そこで、とにかく、この二科目に時間を割きました。

国語系(古文、漢文、現代文)は、あまり学習時間を割かなくても良く、小論文も得意でした。

受験本番シーズンになってからは、2回風邪をひき、センター試験の二日目に動けなかったり、予備の試験日にもロタウィルスに感染している等散々でしたが、基本の三科目受験に小論文受験を組み合わせて出願していたため、何とか希望の範囲内の大学に合格することができました。

結論として、大学受験は、準備期間に一年くらいあるといいなと思います。

私なりの大学受験合格への近道

私が通っていた高校は、いわゆる進学校でした。

学校そのものも勉強漬けで、英語だけでも3種類ほどあり、毎日

予習と復習で目がまわるほど忙しかったのを覚えています。

もちろん、クラス編成も成績の良い順番で構成されており、

さらにつわものは学校が終わってから予備校にも通っていました。

私も一時期、予備校に通っていたのですが、学校と予備校の両立が

難しく、かえって自分の勉強が追い付いていないのではないかと

不安にになり焦ることにより、何から手を付けてよいのか

わからない状態となり、成績も下がるばかりでした。

こちら



行きたい大学がある程度決まっていた私は、今までの勉強法をかえて

やまをかけることにしました。

やまをかけるといってもやみくもにかけるということはあまりにも

不安でしたので、とにかく行きたい大学の希望する学部の過去問題集を

10年分ほど買いました。

これらの過去問をとにかくひたすらと解き続けました。

問題文すら暗記してしまうほど覚えこみ、必要であれば赤ペンで

記入したり、付箋をはっていつでも確認できるようにしました。

すると過去問はどんどんとぶあつくなり、辞書のようになりました。

そして大学別に試験問題に特徴やくせがあることに気づくようになりました。

過去10年程度解いていくと、数年おきに同じような問題が出題され

選択肢も同じようなものになっているのです。

これらの特徴を上手に読み解いていくと、自分が2月に実際に受験する

問題がおのずと見えてきました。

そしてもちろん、希望大学に合格しました。

私の大学受験は、好き勝手だった

というタイトルを書いておいてなんですが、私の場合は中学受験、高校受験と一日10時間という莫大な時間を受験にかけていました。

受験勉強というのは総おさらいであり、高校受験で勉強する内容は中学の復習です。要するに、高校に入った時に基礎学力はすでに出来上がっていました。

こちら

多くの人がつまづく数学でも、私は3年間一度も立ち止まることなく授業についていくことができました。これはやはり基礎学力のなせる業だと思います。

さて、大学受験で私は理系だったわけですが、まず社会、私は倫理の勉強に夏休みを当てました。

高校が開いてくれた受験対策の補講を抜かすと、一日2時間程度だったでしょうか。そのくらいの勉強量でしたが、一か月あれば1教科の暗記には充分な時間でした。

夏休みが終わった後のセンター模試では、倫理のみ88〜96を取っていました。他は60あたりでしたが。

さて、社会はもういいので他の科目です。国語と英語はセンター特有の「流れ」を掴めるように、過去問のおさらいを10年分しました。数学と理科は二次試験や私立でも使うので、もう一歩踏み込んで問題集を買ってやっていました。

ですが、この時付き合っていた彼女に数学は教えながら喫茶店で勉強していました。

一番ひどい時の休日の過ごし方ですが、朝10時〜16時まで市立図書館に行って、全部うたた寝。16時から当時の彼女と合流して喫茶店で彼女の数学のわからないところを見ながら3時間くらい勉強、とこんな感じでした。

結果ですが、センター試験の点数が平均85という、何故かそれなりに出来ているといった結果に。

要するに、基礎学力というのは大学受験をもここまで簡単にするということです。

小学校、中学校の勉強を侮ってはいけません。

数学嫌いは中学で数学から目を背けていた人によくあることなんです。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>